GGもバイクで走りたい!

ジジーがバイクにただ走りたいだけのブログです。

【オーストラリアツーリング】バイクで走った12.000km part24

この記事は1990年2月~4月 オーストラリア東側一周した時のツーリング記録です。

f:id:gen2biker:20210816202832j:plain

3月25日(日) 曇時々晴

 チャーターズ・タワーズ~チャーターズ・タワーズ

 昨日ケアンズ脱出に成功したし、このまま順調にツーリングで来るだろうと

意気揚々に荷物を積んでいたら、モーテルの管理人から

「一週間も長雨が続いているから通れる道は無いぞ」

と言われた。

ガ~ン!

せっかく苦労して暗い山道を走ってきたのに

ここでも足止めを食らうのか。

まるで神様がここから出るなと言ってるみたいじゃないか。

 それでも走り続けるのがオイラのナニワ魂。

スケジュール的にも金銭的にも余裕がないので、

(というかリゾートでバカンスしたいだけ)

行けるところまで行こうじゃないの。

 

 宿を出てガソリンを入れにぺトロールステーション⛽へ

10ℓタンクの内9.5ℓも入ってしまった。

ほぼ空の状態だったんだ、危ない危ない。

そこからフリンダーズハイウェイを走ること20km、

道路上の車がやたらと長い列🚗🚙🚚🚛をなしていた。

気になったので並んでいた車の先を見に行ったら

ドッツウッド Dotswoodに掛かる1kmはある橋が見事に水没🚤していた。

 

f:id:gen2biker:20210816204211j:plain

 車の人たちがどのくらい深さがあるか渡っていたが、

奥のほうは股下付近🦵まで水がつかり流れも速いため

諦めて戻ってきた。

この道は使えそうにないな~。

一旦戻る事にしよう。

 

f:id:gen2biker:20210816204329j:plain

 チャーターズタワーズで地図🗺️を見ながらどういうルートがいいか考えた。

前に入ったぺトロールステーションのおやじによると

「セブンティマイルの先は多分通れんぞ」

ならばフリンダーズハイウェイを西に行ったらどうなんだと尋ねたら

「そこは知らね~」

あてにならんおっさんじゃ。

それじゃ、かなり遠回りになるがハグヘンドン Hughendonから

南へ降りるルートを行こうか。

 

f:id:gen2biker:20210818141551p:plain

  フリンダーハイウェイを西に向かって1時間

カンパスプ Canpaspeで休憩してた時、

ホームステッド Homesteadから来たおっさんが

「あかんわ~、この先通れんようになってたわ」

というのを聞いて

俺は西に向かうことを諦めた。

 

またまた、チャーターズタワーズに戻ってきた俺は

「南側は山道だから車はだめでもバイクだったら通れんじゃね」

と、淡い期待を抱きながらグレゴリーハイウェイを南へ向かった。

 

20分後、セブンティマイル Seventymailを通過したので

「おっと、このまま行けんじゃね」

と思い走り続ける。

いくつか、浅い冠水地を楽勝で通過できた。

出発から1時間半、かなり大きな冠水地に遭遇。

歩いて行った処、太もも辺りまで水が来るので

これ以上は進めないようだな。

f:id:gen2biker:20210816204352j:plain

 ふと、横に止まっている車が変だったので

アンちゃんに話しかけると

「実は泥にハマって抜けれないのだ」

というではないか。

確かに、前輪が両方ともヌカルミにはまり

右後輪が少し浮いた状態になっていた。

FRの車だから、空回りするのだろう。

 これは助けなきゃと思って

「俺が前から押すから車を動かしてくれ」

と言った。

アンちゃんは

「それは助かる、お願いするよ」

俺はアンちゃんの合図と共に車を前に押すが

後輪は空転するだけで進みはしない。

車を思いっきり前に押しあげようとしても

泥に阻まれて進まない。

こりゃ無理だな、🙅

 

意気消沈しきったアンちゃんに

「今からぺトロールステーション行ってレッカー車

呼んでくるから、この場所と車種をメモ📜に書いてくれ」

アンちゃんはそそくさとメモを書き俺に渡した。

俺はそのメモを持って今来た道を全速力で走る。

5速が壊れて使えないはずのXTだが

勢い付けて走ってたので思わず5速に入れてしまった。

いつもだったらガラガラ音がするのだが、

今回に限ってスムーズに回ってくれる。

「おお~!こいつ(XT)も元気になってくれた、全開で行くで~」

速度110km/hで無心になって走っていること30分

目の前から大きな車が走ってきた。

車高が高めな銀色の4WD車で

フロントグリルに見慣れたⓉマーク!

あれはトヨタハイラックスサーフではないか。

おまけにフロントバンパーに電動ウインチが付いているじゃないか。

これは使える!!

俺は、すぐさま止まり 前の車に両手を振って合図を送った。

前の車は少しビックリしたのか、タイヤを滑らせながら斜めに止まった。

車に乗っていたおっさんがビール🍺を片手に

「オマエ、こんなところに止まるんじゃね~😠」

と怒っていたので

「ソーリー、ソーリー、🙇実はこの先で車がスタックしてるんだ」

と言って書いてもらったメモを渡した。

おっさんはメモを読んで納得したのか

「よっしゃ!わかった!!オイラが行ってくるぜ😉」

と、持っていた缶ビールを飲み干し 空き缶を俺に渡して走り去った。

「この空き缶🥫をどうしろというんじゃい‥」

 

 スタックした車は、あのおっさんに任せて

俺はまたまたチャーターズタワーズに戻っていくのであった。

もう行ける道は無いのかな?

確か昨日走ったルートなら行けるかもしれないが…

もうあの道は走りたくないな~。

でも、そこしか通れる道が無いからな~。

考えてみても仕方が無い。

行くだけ行ってみるか。

 

俺はグレゴリーハイウェイをべソルト方面に向かった。

途中、トラックの運ちゃんから

「この先、警察が道路封鎖🚧していて通れんかったぜ」

と言うのでトラックと一緒に引き返した。

(次の日、新聞🗞️で警察が何をしていたのかを知るのであった)

 

f:id:gen2biker:20210816204413j:plain

 これで八方塞がり🚫になってしまったな。

それでも、雨が降ってなかったので少しは水が引いているんじゃないかと

ドッツウッドに再び向かったが、やっぱり通行止め❎でダメだった。

 しゃ~ないな、今夜もここに泊まるか。

 

走行距離:300km

宿泊:チャーターズタワーズ ツーリスト パーク A$6